☆速報☆ バイエルンまたもレアルに泣く!!史上初の3連覇へ王手

UEFA チャンピオンズリーグ 準決勝2nd leg 第一試合
レアル・マドリード 2 対 2 バイエルン・ミュンヘン (1st leg 2-1)
2戦合計 4−3でレアル・マドリードが3大会連続決勝進出

_6RM9618_horizontalThumb

 

得点者:【レアル】ベンゼマ(10分、46分)
【バイエルン】キミッヒ(2分)、ハメス・ロドリゲス(62分)

スタメン
今回のスタメンがこちら

 55
13

 

これが1st legのスタメンです。

33

バイエルンは怪我の選手を代えてます。
サイドバックにはアラバが戻り、ボアテングは怪我でズーレ、ロッペンも怪我でトリッソです。
対するレアル・マドリードは1st legで怪我したカルバハルのところにそのままバスケス。
カゼミーロに代わってコバシッチ、イスコに代えてアセンシオが入り、ベンゼマとロナウドの2トップにします。
なぜ、バスケスをそのままRSBで使ったのは謎です。

バイエルン早々に先制もレアルがすぐに追いつく!!

com,2018-newsml_RC1C6C2B4140-2029942617_768x432

試合は何としてでも得点が欲しいバイエルンがいきなり試合を動かします。
2分、ミュラーの早いクロスをラモスがクリアミス、そのボールが1st legでも先制点を決めたキミッヒの元へ。キミッヒはレアルDF陣の間を射抜くように冷静にゴール左へ決めます。
これで勢いに乗ったバイエルンはサイド攻撃を仕掛けます。マルセロや守備がおぼつかないバスケスのサイドにリベリーやミュラーがガンガンに攻めてきます。
RSBのアラバもバスケスの空けたスペースに走りこんでチャンスを作ります。
ですが、ベンゼマがその押せ押せムード消し去ります。
10分、敵陣深くの左サイドで受けたマルセロがキミッヒをいなしてクロスを上げます。
それを後ろからまっすぐ中に入ってきて、一回入り直したベンゼマにドンピシャ。アラバがマークをつけきれず同点ゴール。1st legでゴールがなかったフランス人ストライカーがフランス人指揮官の期待に答えます。
ですが、その後はバイエルンペースで試合が進んでいきます。
やはりバスケスのサイドをリベリーとアラバが狙ってサイド攻撃を仕掛けます。
ですが、最後まで決めきれず前半を終えます。

ナバスが何度も救い、ベンゼマが隙を見逃さない!
後半開始早々1st legでも見られたあってはならないミスをバイエルンが犯します。
46分、トリッソのGKにバックパスをしたボールが弱くベンゼマが必死で追いかけます。ギリギリのところで、GKのウルライヒは手で取ろうとしたのか、ベンゼマが追いつくとみてセービングしようとしたのか、スライディングをしながら手を出そうとします。ですがその迷いがミスを生み、ウルライヒの脇を抜けます。それにベンゼマが追いつき、ゴール。
結局これが決定打となり、レアルが決勝に駒を進めます。
この時点で4−2と攻めるしかないバイエルンは、ハメス、リベリー、ミュラーを中心にゴールに迫ります。
すると62分、クロスにハメスがダイレクトで合わせたボールがまたハメスの元にこぼれます。
これを冷静にGKナバスの位置を見て股を抜きゴール。古巣レアルにハメスがゴールを決めます。
これで1点を取れば勝ち越せるバイエルンでしたが、追加点が遠くタイムアップ。ナバスの好セーブが何度かあり、バイエルンの決勝進出とはなりませんでした。

com,2018-newsml_RC15871AF2C0-1261915092_768x432

これでレアルが前人未到の3連覇に王手をかけました。
ここまで来たら、レアルに獲って欲しい!!

 

wataru 登録者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です