なでしこリーグ第9節 ベストゴール集!!

2018年 6月2日、3日 プレナスなでしこリーグ 第9節ベストゴール集

 

g8zHQuyiKa24l74Bfz7xfJhuTI4AtWerdjQcIwbSOLr6pOZg8Ha3QAfrWH24EzA5

今回は9ゴール生まれましたが、そのうちの6ゴールが生まれたマイナビ対日体大とジェフL対長野パルセイロLの試合の配信がありませんでしたので、それ以外の3ゴールに順位付けしました。ただ、どれもすばらしいゴールだったので難しかった!

では、3位からの発表です。

第3位 長船加奈(浦和レッズレディース)

 

 2.osafune

 


長船加奈のゴールハイライト

CBの長船加奈が決めたコーナーからのシュートを選出。

試合終盤の87分、右コーナーキックを得た浦和の栗島朱里が絶妙なボールを入れる。右足で放たれたボールは綺麗に巻いて中央の菅澤に合わせるが、菅澤は相手に体を当てられ触るのが精いっぱい。頭ですこし触れたボールはファーで待ち構えていた長船の元に。その長船は冷静に胸トラップをし、右足を一閃。そのボールはゴール左上に突き刺さった。

この日ケガの猶本に代わってCKキッカーを務めた栗島は「練習していたでしょ?」っていうくらいの素晴らしいボールを供給。あの高さだと菅澤に合うし、相手にも触られない。栗島の正確なキックで決まった1点であろう。

 

第2位 田中美南(日テレ・ベレーザ)

 

tanaka_mina


田中美南のゴールハイライト 

またこの人がランクイン。さすが日本代表FW!!

INAC神戸との首位攻防戦という大事な試合で決めた決勝ゴールを選出。

後半に入ったばかりの48分(後半3分)だった。左サイドで宮澤ひなた、宮川麻都とボールをつなぐ。宮川はCBの岩清水へパスを送る。その岩清水はロングフィードで最前線のFW田中へ。田中はINAC神戸DFの三宅史織と守屋都弥の間に挟まれるがスピードで抜け出し、最後は体を強引にいれ守屋に競り勝つ。ボールを自分の元に収めた田中はうまく体で守屋をブロックしてボールに触らせない。田中はGK武田麗依の位置をよく見て、左足で空いている右に蹴り込みゴール。田中のスピード、強さ、上手さが光ったゴールだった。

 

第1位 川島はるな(ノジマステラ神奈川相模原)

 

ノジマステラで1,2を争うテクニシャンである川島はるなのゴールを選出。

この一撃でノジマステラは5連勝。リーグ前半最終戦をすばらしい成績で終え、後半戦は良い形で入れそう。得点量産中のエース南野亜里紗だけでなく他の選手もINACのように得点を重ねられれば念願の優勝も夢じゃないはず。

それでは得点シーンの解説にいきましょう。
27分、左サイドの高木からCB國武に展開。その國武は右サイドバックの石田みなみへパス。石田みなみはコントロールして、前線に走りこんでいた川島にロングフィード。そのボールに反応した川島が相手の間をうまく抜け出し左足ワントラップから右足シュート。ボールはドライブ回転がかかりキーパーの頭上を越して落ちながらゴールに吸い込まれていった。

2位の田中美南のゴールと少し似ているが、川島はキーパーの頭上を抜く難しいドライブシュートだった為こちらを1位に選出。石田みなみのロングフィードはドンピシャだった。

今節でリーグ戦前半が終了。リーグ戦は一時中断し、これからリーグカップが始まる。前半戦5連勝で終えたノジマの快進撃は続くのか?前半戦1位で折り返した日テレは代表組や怪我で主力を欠く中、どう戦っていくのか?INACは最後のベレーザ戦の敗戦を引きずらずに立て直せるか?
また、横山久美の電撃復帰で長野パルセイロレディースは序盤戦の勢いを取り戻せるのか?今年は優勝争いの混戦は確実。なでしこリーグの優勝争いには目が離せない!

以上、なでしこリーグ第9節のベストゴール集でした!

wataru 登録者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です